ジョンニーダーV2

「ジョンニーダーV2」とは何?

「ジョンニーダー」というのは、大韓民国の小さな町である安東地方の方言で「お勧めします」という意味です。 V2はVitalとVirusのイニシャルで、植物の生育発達のための所と植物ウイルスの予防と拡散を防ぐための所の2ヶ所に同時適用することができるし、2回アップグレードして2倍の効果が出るつまり、ジョンニーダーV2は「ウイルスの防除にお勧めします」という意味です。という意味です。

弊社が紹介しようとする「ジョンニーダーV2」は、植物体内の細胞に感染されたウイルスの活動を一時的に停止させ(virostatic effect)、細胞間の移動を抑制し、健全株へのウイルスの移動や感染を阻止する製品です。すなわち、ウイルスが罹病株から健全株に移らないように誘導することです。

また、植物の免疫システム(immune system)を強化させて植物ウイルスに対応し、作物生育を促進させてウイルスを克服するように誘導します。

* ジョンニーダーV2の作用機序





ウィルスに感染された植物が治せない場合は、それ以上拡散できないようにすべきです!

ウイルスが拡散していない写真

トウガラシTSWV (Tomato spotted wilt virus)

トマトTYLCV (Tomato yellow leaf curl virus)



· 植物ウィルスの感染に最もいい治療は予防です。
· 予防はウィルス感染の媒介昆虫を徹底して防除しなければなりません。
· しかし、媒介昆虫または他の媒介体によってウィルスに感染された場合は、それ以上ウィルスが拡散できないようにしなければなりません。

すなわち、すでにウィルス感染に感染されている植物から周りの健全植物に拡散されることを最大限に抑制させるべきです。
ウィルスの拡散を防ぐ最も簡単で最善の方法は、ジョンニーダーV2を使用することです。
ジョンニーダーV2は植物の新陳代謝(metabolism)の活性を促進させ、ウィルスの拡散(virus dissemination)を抑制します。

媒介昆虫(insect vector)を上手く防除してもウィルスに感染されることがあります。
ジョンニーダーV2はウィルス感染の予防用としても使用できます。
媒介昆虫の防除薬を使いながら、ジョンニーダーV2を一緒に使うと、ウィルスの感染率はほぼゼロに近いです。